医師の悩みを全て解決|資産運用を上手にするコツ

データを分析をする

レジ

管理して運用するまで

posとは、そもそもシステム用語でPoint Of Saleの略で、販売時点という意味があります。しかし、posシステムやposレジの事も省略してposと呼ぶ事も多いです。いわゆるposレジは、売上が発生した瞬間のデータを保管し、まとめることができます。その集計されたデータから分析を行い、経営戦略を図ることによって、売上を確保することが可能になります。posレジは顧客がいつ、どこで、どんな商品を購入したか記録に残すことは容易です。会員カードやポイントカードを発行していて顧客情報を有するお店であれば、商品を購入した人の性別や年齢まで判明します。しかし、それらのデータを管理して、運用するまでが効率的な活用法と言えます。posレジで様々なデータを取得したとしても、集めたデータを分析しないと意味がないです。主にposレジから取得できたデータからわかることは、いつ、どこで、何が、どれだけということでしたが、データから商品をわかりやすいカテゴリに3つほど割り当て、販売数順に並び変えるだけで、どんな商品に力を入れれば良いのかがわかります。また、お得意様などを作る場合も、データ上から購入頻度や購入金額を並び替えれば、ランクづけすることもできます。posシステムのデータを利用すれば、様々な経営戦略に利用できます。また、それらを活用する方法も企業や個人事業者によってそれぞれ違います。データを集めるだけでも十分価値はあるのでオススメです。