医師の悩みを全て解決|資産運用を上手にするコツ

新規開院の際に宣伝になる

歯

地域住民へのアピール

歯科を新規開業することにしても、地域住民は、今まで行ったことの無い歯科に出かけるのは抵抗感があるものです。そのため、地域住民に、自分が開業する歯科がどんなコンセプトでどんな医院なのかを理解してもらい、患者さんとなって診療を受けに行こうかなと思ってもらうために、新規開院をする際には内覧会を行うのがおすすめです。具体的には、内覧会の当日に地域住民に自由に院内に入ってもらい、設備や施設を見てもらったり触ってもらったりします。どんな治療を行うのか、どんなことに力を入れて診療をするのか、患者さんにとって通いやすい設備かどうか、など、医院の強みをアピールしていきます。例えば、お子さん連れの方や高齢者の方も通いやすい設備が整っているか、診療室はどんな雰囲気なのか、などを実際に地域住民の方が見られると理解してもらいやすいです。また、設備だけでなく、医師やスタッフの人柄や医院の雰囲気を感じてもらうために、お子さん向けのイベントを行ったり、粗品を配ったりすることもあります。歯科の治療は、医師と患者さんとの信頼関係がとても大切です。この先生に診療してもらいたいと地域住民の方に感じてもらえることを念頭において、内覧会を開催することが大切です。内覧会は、医師が一人で行えることではありません。事前のチラシのポスティングや医院のHP制作など、宣伝活動も大切です。専門のコンサル会社に依頼すると、これらの手続きを行ってくれる他、開業に際するアドバイスも受けられるのでおすすめです。